マンション投資はセミナーに参加する|情報収集でリスクダウン

家

お金の流れを管理しよう

マンション

ローンには注意しよう

マンション投資で失敗をしたくないのであれば、キャッシュフローに気を付けましょう。キャッシュフローとは現金収入と現金支出の流れを言います。現金収入より現金支出が多いと、手元現金を持ち出ししていることになり、運営がどんどん苦しくなっていきます。通常、現金一括でマンションを購入していれば、キャッシュフローに問題が生じることはありません。毎月の支出は管理費や修繕積立金、賃貸管理会社に支払う手数料などくらいだからです。これら全ての支出を足し合わせても1万円から2万円程度で済むものです。仮に空室が発生したとしても、給料から補てんできる金額です。問題は、ローンを組んで資金調達をして、マンション投資を始めた場合です。

借入期間は長くとろう

ローンを組んだ場合にはキャッシュフローに十分気を付けなければ、マンション投資に失敗して、保有物件を売却せざるを得なくなるケースもあります。もしも、ローンを組むのであれば、ローン割合は50%程度に抑えておきましょう。そして、借入期間は法定耐用年数いっぱいにしておきましょう。最初から毎月の返済額を多くしてしまうと、空室が発生した際に苦しくなってしまいます。毎月の返済額は小さくして、余裕がある時に繰上げ返済をするということは、マンション投資で失敗をしない秘訣でもあります。3物件くらいまでは慎重に借入をしておきましょう。抵当権のない投資物件が3つあれば、4物件目以降は多少借入割合を高めてもキャッシュフローが原因で失敗することはまずありません。

Copyright© 2016 マンション投資はセミナーに参加する|情報収集でリスクダウン All Rights Reserved.